アカデミー・支援 / ワインアカデミー

ワイン生産アカデミーの開催について(H25~)

「信州ワインバレー構想」とワイン生産アカデミー事業について

新規参入の支援

  • 長野県内でワイン用ぶどう生産や、将来のワイナリー設立を目指す新規参入希望者を対象に「ワイン生産アカデミー」を開催。
  • 平成28年度までに156名が修了。

講義内容

  • 新規参入事例の紹介
  • 栽培技術、醸造技術の基礎
  • ワイナリー経営の基礎
  • 補助事業・制度資金等の紹介
  • ワイナリー経営者等との交流

修了生の動向 H25~27年度

取組み内容 人数
ワイナリー設立 3名
里親農家・ワイナリーでの研修開始 9名
ワイン用ぶどう栽培開始 15名

ワイン用ぶどう生産等ステップアップ支援について(H28~)

  • 初心者向け栽培技術習得セミナーの開催

    基礎的な栽培技術を習得するための実践的な研修を実施。※対象はアカデミー修了生等

  • 新規参入者とワイナリー等との情報交換会の開催

    新規参入の悩みや課題解決の一助として、先輩ワイナリー等との情報交換の場を提供

  • アカデミー修了生による作業サポート体制の構築

    修了生の助け合いにより、スムーズな開園ができるような仲間・仕組みづくりを支援。

  • ワイン用ぶどう園開園事例集の作成(H28)

    開園に必要な知識や情報を集約し、新規参入の参考書とするための事例集を発行。

新規参入者の生産拡大を加速